お申込はこちら
葬儀 遺族側(喪主)
葬儀 弔問側(弔辞)
メニュー

葬儀告別式の喪主挨拶・弔辞代筆料金 お申し込みはこちら

喪主挨拶文の書き方

ゆり遺族側が弔問客と故人に対してスピーチをするのが喪主の挨拶です。遺族側の挨拶は喪主だけでなく、親族や遺族、世話役が代表として行う場合もあります。

また、喪主の挨拶には、通夜・葬儀告別式・出棺・精進落としなどの場面別に分かれますが、 どの挨拶にしても述べることはほぼ同じで構いません。

喪主の挨拶にはだいたいの流れがあります。

まず、弔問や参列してくださったことへのお礼から始まり、 故人の最後の様子や生前のエピソード、故人の信条、遺族の心情、 厚誼のお礼、支援のお願いで結びます。

通夜の場合は、葬儀や告別式の案内を入れたり、 精進落としなら宴席の案内が必要になります。 必ず入れなければならないのは「会葬のお礼」「生前の厚誼へのお礼」「今後の遺族に対する支援のお願い」です。

もし悪天候や猛暑などの場合には、会葬のお礼の際に参列者への気遣いの言葉も添えます。また、生前の様子や最後の様子、故人の信条なども場合によっては入れてもよいでしょう。

続いて、生前の厚誼へのお礼の前後に故人のエピソードや故人の業績などがあれば盛り込みます。

最後に今後の決意と遺族に対する支援のお願いを述べ、改めて「本日はありがとうございました」のお礼の言葉で締めます。